pu66V

 昭和天皇が、ミッキーマウスの時計を着用していた、という話題が米ソーシャルニュースサイト『レディット(reddit)』でにわかに盛り上がっ ている。19日に「今日知ったこと:昭和天皇はミッキーマウスの大ファンだった」というページが作成され、200件近いコメントが寄せられている。

◆公式行事でもミッキーの腕時計を着けていた
 redditのページにリンクされた『オール・イヤーズ・ドット・ネット(All Ears.Net 2013年6月3日付)』は、昭和天皇がミッキーマウスの大ファンだった、と報じている。

 昭和天皇は1975年、アメリカのディズニーランドを訪問した際に、ウォルト・ディズニー・カンパニーから、ミッキーマウスがデザインされた腕時 計の献上を受けた。皇室のエピソードを集めた日本語サイト『皇室なごみエピソード集』によると、この腕時計は金型製法による大量生産を世界で初めて行った インガーソル社によって造られたもので、ファーストモデルを忠実に再現したリモデル版だった。

 『オール・イヤーズ・ドット・ネット』は、天皇が長年、公式の行事でも時計を着用していたことが目撃されている、と報じている。1979年に時計 が動かなくなったときは大騒ぎとなったようだ。宮内庁の担当者が、止まった時計をアメリカ製の時計に詳しい東京の専門家に慌てて持ち込んだ。この事件は、 1979年9月18日付のタイム誌でも記事となり、当時国家的な心配事となったが、幸運なことに、時計は電池交換だけで済んだのだという。

 1981年に三洋電機の太陽電池式腕時計を献上されるまで、天皇はずっとミッキーマウスの時計を着用していた、と『皇室なごみエピソード集』は伝えている。

◆日本人はみんな可愛いもの大好き
 1993年7月4日付けのAPの記事(ロスアンゼルス・タイムズ紙転載)では、日本で、ディズニーキャラクターが、人気を博しているのは、日本人が可愛いもの好きなためだ、と報じている。
 
 同紙は、天皇もミッキーマウスの腕時計を愛用していたことを取り上げながら、日本の「熱狂的な可愛いもの崇拝」の例を挙げている。「大きな目をしたキャラクターが、日本中の広告に見られる。公共の場でのアナウンスは、しばしば、甲高く子供っぽい女性の声だ」(AP)

◆「誰だって同じ人間だ」
『レディット』では、天皇とミッキーマウスというミスマッチに興味が集まっている。
・戦後しばらくの間、日本がアメリカに夢中だったって話は、すごく面白いけど、不思議な話がほとんどだよね。
・日本の天皇に送られたミッキーマウスの時計って、そのへんの安物とは違って、超高級なんだろうな。
・うう、実物見たいな。今だと幾らくらいの値打ちがするんだろう。
・まぁ、例えて言うなら、アメリカの大統領がドラゴンボールZの腕時計を着けるようなもんか。
↑・いや、鉄腕アトムが近いだろうね。


転載元 newsphere http://newsphere.jp/national/20150120-5/


☆戦争責任を一身に背負って戦後皇室外交に尽くした昭和天皇。その人徳からか口さがないネットの世界でも昭和天皇にまつわるほのぼのエピソードが語られてます。

■フグ

昭和天皇「ふぐ食べたい」

付き人「だめです」

昭和天皇「なんで」

付き人「毒があります」

昭和天皇「じゃあなんで国民は平気でふぐ食べてるの」

付き人「毒抜きをしてあるからです」

昭和天皇「じゃあ毒抜いて持ってきてよ」

付き人「だめだったらだめです」

昭和天皇「でも_」

(数時間経過)

昼食に出たふぐをおいしそうに食べる付き人に向かって、昭和天皇がぼそっと

「ふぐには毒があるんだよ、危ないなあ」

■焼き芋

昭和天皇「焼き芋たべたい」

付き人「かしこまりました」

しばらくして、皮付きでは失礼だろうということで、きれいに剥かれ輪切りにされた焼き芋が出てくる。

昭和天皇「皮のとこが食べたかったのに…」

■納豆

昭和天皇に納豆をお出しになったとき、当時の職員が陛下に納豆の糸を引かせるわけにいかないと、塩揉みして水洗い。完全にぬめりを取り去ったシロモノを出したのです。
これでは風味もなにもかも飛んでしまいます。こればかりは「もう納豆は食べたくない」とこぼしたのだそうです。

■インスタント

インスタントラーメンをテレビのCMで見て、どうしても食べたくて侍従に頼んだけど却下されて、SPかなんかに頼みこんで買ってきてもらったラーメンを食べようとしたら、匂いかなんかで侍従にバレちゃって取り上げられたという。

■やんちゃ

昔、沼津の大中寺という所に高僧がいて、高名な政治家とか皇族が禅問答に訪れたのだけど、ご幼少の昭和天皇が一緒に訪れた際、周囲の畑で遊んでしまい農家の人に「どこの悪ガキだ!!」と叱られたことが有ったそうな。

■野球

後楽園球場の照明灯を指差し、

昭和天皇「あれなに?」

お付きの人「野球のナイトゲームです」

昭和天皇「見たい」

たったこのやり取りで天覧試合が決定し、後楽園球場の内装はコンクリむき出しから、突貫大工事で壁紙絨毯敷きにし、各部屋に空調設備完備と近代化した。

■お茶目

地方を回ってる時に売春宿を指差し、

昭和天皇「あれなに(・ω・)?」

お付きの人「えっ!?いや、あれは…その…」

昭和天皇「なに(・ω・)?」

お付きの人「あれは…女が春を売っているところです」

昭和天皇「あっそう。パリの女郎屋を思い出すなあ(・∀・ )」

若い頃は色々めぐっているだけあって天皇はお茶目。

もちろんこのやり取りのあとで売春宿が豪華に改装されてはいない。